目の下のたるみ取りをするのであれば|輝く印象を宿す

自分を変える

ナース

美容外科では美のための治療を施せます。健康な身体に対しての治療になりますから、保険は効かないケースがほとんどです。手術や治療をするにあたってのメリットデメリットを把握してから受けたほうが安心でしょう。

もっと知ろう

注射だけでできる整形

注射

ヒアルロン酸注射は注射式の切らないプチ整形です。しわ、たるみなどの老化現象や、鼻、顎、バストなどのコンプレックスまで、注射をするだけで解消することができます。ヒアルロン酸は弾力があるので、プロテーゼなどを入れるよりも自然になります。

もっと知ろう

若い頃の肌へ生まれ変わる

目を閉じる女性

年齢が上がるにつれて、肌質は衰えはじめます。特にしわは、普段使っている化粧品で改善することは難しく、美容皮膚科で治療を行なう人がいます。美容皮膚科では、院内治療以外にもホームケアができる美白対策に効果の高いコスメも販売されています。

もっと知ろう

たるみ解消の美容整形

目元

人気のサーマクールアイ

目の下にたるみがあるとそれだけで老けて見られてしまいます。輝く印象を宿す目の下のたるみを取る美容整形をすれば一気に目元のもたつき感が解消されます。たるみ取り系の美容整形は沢山ありますが、最近は切らない美容整形が主流となっています。目の下のたるみにはサーマクールアイが効果的です。サーマクールアイは、たるみ治療器サーマクールの目元専用チップを使用して行います。普通のサーマクールは目元に照射できませんが、サーマクールアイなら目の下や目じりなどにアプローチできるので、目元のしわ・たるみなどの老化現象を一気に改善することが可能です。メスで切開しないのですぐに洗顔やメイクができて、通院は不要です。個人差がありますが、効果は約1年程度持ちます。

たるみの種類と整形

目の下のたるみといっても、たるみの原因や状態によっていくつかの種類があります。そして、種類によってたるみ取りの整形の種類も違ってきます。たとえば色素沈着が原因で目の下に影ができて、それがたるんでいるように見える場合もあります。このタイプのたるみはサーマクールアイでは治せないので、色素沈着を消すフォトフェイシャルやプラズマクリアなどが有効です。目の下に脂肪がたまってたるんでいる場合は、脱脂法をしてたるみ取りをする、脂肪溶解注射をして脂肪を分解させるなどの方法があります。脱脂法は下まつげの粘膜の中を数ミリ切開してそこから脂肪を取る手術です。脂肪溶解注射は脂肪を分解する注射で、皮下脂肪が薄い目の下のたるみ取りにも使用できます。